物件エントリー

エントリー限定ページ

浜町駅前緑道(約140m・徒歩2分)

POSITION

歴史・由緒
浜町公園
三方接道角地

〈歴史・由緒〉

武家屋敷が建並んだ邸宅街、
その由緒を継ぐ
品格の地「日本橋浜町二丁目」

江戸時代に武家の町として拓かれた後、商家、料亭の町として栄えた日本橋浜町界隈。その中でも現地浜町二丁目は武家屋敷が並ぶ静謐な邸宅街でした。時を経ていま、水天宮、人形町と並ぶ歴史情緒を漂わせながら、浜町公園の緑や水辺の潤いも感じられる、風情と利便、そして潤いが調和したロケーションが広がります。

1849年(嘉永2年)頃の現地周辺の地図 ※国立国会図書館蔵

〈都会のオアシス〉

中央区立最大※1・浜町公園2

浜町公園/緑あふれる都会のオアシス

(約120m・徒歩2分)

中央区立最大※1の面積を誇る公園。開園は1929年で、もとは江戸時代の熊本藩主・細川氏の下屋敷でした。今では公園敷地内に総合スポーツセンター(ゴルフ練習場・温水プール等利用可) や噴水などもあり、地元民の憩いの場となっています。いつもお弁当を食べたり、犬を連れてお散歩している人で賑やか。春は桜の名所として有名です。

〈開放感〉

全邸南向き・
三方接道がもたらす開放感。

三方を道路に接した開放感ある角地ポジションにありながら、西側の清洲橋通りからは並木の歩道に隔てられ、穏やかささえ漂います。日中は南向きの陽光が射し込み、爽やかな風が吹き抜ける、心地よい住環境が守られています。

立地概念図

※1:【区立浜町公園:開園面積:46,531.52平方メートル。中央区内の区立公園では最も広く、かつ古い公園】出典/中央区ホームページ(最終更新日:平成25年11月22日)
※掲載の環境写真は2016年3月に撮影したものです。(撮影年月の注釈のあるものを除く)
※徒歩分数は現地より80mを1分として算出し、端数は切り上げています。また信号待ちの時間は含みません。
※掲載の立地概念図は計画段階の図面をもとに書き起こしたもので、実際とは異なります。

予告広告

本広告を行い取引を開始するまでは、契約または予約の申込、並びに申込順位の確保には応じられません。予めご了承ください。全ての販売予定住戸を一括して販売するか数期に分けて販売するかは確定しておりません。販売戸数等はこの予告広告の後、実施予定の本広告にてお知らせいたします。表示している専有面積・予定価格(帯)等の数値は予定販売住戸全体を対象としております。

トップへ戻る